HOME > 通訳 > 忙しい人のためのビジネス英語道場 > 第16回〜第20回 > 第18回 海外で通用する英語を身につける方法

第18回 海外で通用する英語を身につける方法

 前回、ビジネス英語は難しいか?というトピックで書いてみました。自分にとってのビジネス英語を定義すれば、英語を使う範囲を絞り込むことができるので、これまでのような受験英語や資格試験よりも一般的には易しいというのが私の意見ですが、皆さんはどう思われましたか?

 普段通訳を通して、様々な国の人と一緒に仕事をします。最近では英語圏以外の人の通訳の割合が多く、アジアやヨーロッパの人たちの通訳をすることもよくあります。彼らにとっても英語は第二外国語(ひょっとしたら第三、第四外国語という場合もあるかもしれませんが)であるにもかかわらず、堂々と英語でビジネスをしている人がこんなにたくさんいるのに、日本ではこれだけ英語の重要性が認識され、学校や教材をはじめ必要なものがこれだけあふれているのに、なぜできない(と思っている)人がこんなにいるのだろうと思うことがあります。

 海外の人と英語でビジネスをしている、またはしたことがある方であれば理解して頂けると思いますが、「堂々と英語でビジネスをしている」=「英語がネィティブのように流暢」というわけではありません。

 発音も母国語訛りだったり、文法や単語の使い方もちょっと違っていたりすることもあるのですが、言わなければいけないことを確実に伝える術を持っています。それは場数を踏んでいるからという部分も大きいとは思いますが、それだけではないと思います。また英語だけを聞くと自分よりもできないのではと思うような人でも、自分よりも相手の発言を的確に理解していることに驚いたことのある人も少なくないのではないでしょうか?

 堂々と英語でビジネスをしている外国人と日本人では何が違うのでしょうか?もちろん日本語よりも英語に近い言語が母国語なので、英語のロジックに沿ってのコミュニケーションが日本人よりも楽とか、話好きな国民性で黙っているよりもとりあえず何か言おうという気質といった文化的な影響もあると思います。

 しかし一番大きな違いは英語に対する考え方だと思います。多くの日本人は、英語は勉強しないといけないものという意識が社会人になってからも強く、いつまでも単語や文法を覚えたり、リスニングやスピーキングの練習をしたりします。それ自体は悪いことではありませんし、自分の弱点を強化していくことで、コミュニケーションの質も上がっていくと思います。ただ英語を勉強するだけでは、彼らのようなコミュニケーション力は身に付かないと思います。

 例えば、英字新聞を読む理由を比べてみましょう。日本人が英字新聞を読む理由を聞かれると、多くの方が英語の勉強のためと答えると思います。英字新聞を読んで単語や構文を調べて、単語帳を作ったり、それを持ち歩いて見直したりする人もいると思います。それに対して、彼らは情報を得るために英字新聞を読むと答えると思います。もちろんわからないところは辞書を引くこともあるとは思いますが、あくまでも最小限にとどめ、それよりも自分のビジネスにとって必要な情報だけを収集していきます。

 英語を聞く場合も同様です。日本人がCNNやBBCといったニュース番組を見たり、誰かのスピーチを聞く場合、リスニングの勉強として聞くケースが多いと思います。シャドーイングをしたり、ディクテーションをしたり、わからないところをスクリプトで確認したりしながら、聞いて理解できる力を身につけることに重きを置きます。しかし、彼らの場合は、英字新聞を読むのと同じ理由で英語のニュース番組をみたり、スピーチを聞いたりします。

 英語を勉強することが悪いというわけではありませんし、英語力を向上させていくためには、地道に勉強していくことは必要です。ただこれまでの勉強方法だけでは海外では通用しないと感じることが必ずあると思います。

 日本人の中にも「英語はコミュニケーションツールである」という人が増えているにもかかわらず、本当の意味でツールとして英語を使っている人はいまだに少ないのが現状だと思います。語彙を増やしたり、リスニングやスピーキングの練習も大切ですが、英語をツールとして活用し、自分の知識を増やしたり、自分の興味のある分野をもう少し掘り下げてみることで、本当の意味で使える英語を身につけることができると思います。


忙しい人のためのビジネス英語道場


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
大阪大学卒業後、オーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律を中心としたビジネス通訳として商談、セミナー等幅広い分野で活躍中。一方、予備校、通訳学校、大学でビジネス英語や通訳を20年以上教えてきのキャリアを持つ。2006 年にAccent on Communicationを設立し、通訳訓練法を使ったビジネス英語講座、TOEIC講座、通訳者養成講座を提供している。