HOME > 通訳 > 通訳者インタビュー

Training Global Communicators

Vol.10 「チャンスと努力に支えられて」

【プロフィール】
森万純さん Masumi Mori
小学校高学年より5年間イタリアに滞在。上智大学外国語学部英語学科卒業。在学中にUniversity of Durham(英国)に1年間交換留学。卒業後、外資系アパレルメーカーに通訳翻訳者として入社。その後、在日イタリア大使館での勤務を経て、フリーに。平成15年6月より、外資系通信企業に通訳者として勤務、現在に至る。



通訳者を目指すようになったきっかけは?
小学校の頃、漠然と「通訳ってかっこいいな」と思っていました。高校から日本で過ごしましたが、多くの帰国子女に比べて私の英語力は決して高くない、ということに気づいたんです。通訳に興味はありましたが、もっとすごい人がなるものなんだと思っていました。
大学4年時に1年留学したので、就職活動の波に乗り遅れたんです。たまたまジャパンタイムズで通訳翻訳者募集を見つけて応募したところ、運良く合格してしまって。経験が少ないのに、チャンスの方が先に来てしまったという感じですね。
実際に通訳を経験して、いかがでしたか?
周りからは、「通訳はフィルターだし、帰国子女で通訳になるなんて、当たり前すぎて面白くない」と言われました。確かに、人の言葉を訳しているに過ぎないと言われればそうなんですが、その中にも通訳として果たせる役割があると感じたんです。通訳によって、伝わる雰囲気も変わってくるし、思ったより向いているかもしれないと思いました。
帰国子女ということで語学に対する苦労はありませんでしたか?
非常に苦労しました。11才でイタリアに行きましたが、言語能力もかなり成熟している年齢です。毎日の宿題をこなすことが本当に大変で、特にイギリス系の学校に変わってからは、毎日吐き気がするほど辞書をひきました。辞書をひかずしては、一行も進めないんですもの。お陰で基礎ができたとは思いますが。
イタリア大使館に就職したのは?
同じ業界に3年いたので、このままだと通訳として成長しないと感じました。そろそろ転職をと考えていた時期に、イタリア大使館の募集をジャパンタイムズで見つけたんです。
通訳翻訳以外に秘書業務などもありましたが、イタリア年ということで様々なイベントを体験でき、非常にいい経験になりました。
どういうタイミングでフリーランスになろうと思いましたか?
秘書業務や雑務なども日々こなしながら、やっぱり自分は通訳が向いていると再認識したんです。通訳として更に上を目指すなら、きちんと通訳学校に通った方がいいとも思いました。次のことは何も考えずに辞めたんですが、登録したエージェントからたくさんお仕事を頂きました。思ったよりも仕事をしてしまった、というのが正直な感想ですね(笑)。
通訳学校での授業は、いかがでしたか?
通訳スキルという意味では、入学時点である程度備わっていたと思うんです。一番身に付いたのは、「知識」です。若手でインハウスとして仕事をしていると、どうしても業界も限られてくるし、その会社の中のことしか分からないんですよ。学校に行くと、国連のスピーチや国際政治経済など、普段自分が通訳しないような分野に触れられます。毎日新聞を読んでいないと、とても通訳できないようなことが出てくるんです。そういう意味では、私にとって学校は知識を得る場だったと思います。それから、ペースメーカー的な役割。自分だけだとやっぱりさぼっちゃいますから......。
現在は通訳学校で講座をお持ちだと伺いましたが。
そうなんですよ、恐ろしい(笑)。授業の準備にかける時間が、自分が生徒として授業前に準備する時間の倍なんです! 授業中は、生徒さんの訳を直し、コメントしないといけないので、それだけ準備する時間も増えます。大変ですが、自分のスキルアップにもなっています。
再びインハウスとして企業で働かれるようになって、いかがですか?
もともとサボりがちな性質なので、平日のお休みを恋しく思うことはあります。しばらくすると、また新しいことを学びたいと感じる時期が来るんじゃないかと思いますが、私にとっては新しい業界ですし、学ぶことは本当にたくさんあります。
今後のキャリアは?
今、本当の意味でフリーになるタイミングを図っているところです。安定を求めるなら、今の仕事を続けるのがいいのかもしれませんが、年齢的にもフリーになるんだったら、今かなと思っています。今は100%通訳に集中していられますが、これから人生の中で変化もあるでしょうから、そうもいかなくなってくると思うんです。今のうちにフリーランスの環境に慣れておいたほうがいいかなと思って、「そろそろ」、と考えています。
通訳を目指す方へのメッセージをお願いします。
やる気があって、コツコツと努力できる人だったら誰でもなれると思います。きっと私はラッキーで、最初のチャンスが先に来たので、経験を問われなかったんですが、最初の一歩を踏み出そうとしても、「経験重視」と言われると難しいと思うんです。例えば、アシスタント業務をしながら通訳が少しできる仕事をするとか、もし全く別の仕事に就いていても、何かのきっかけで通訳を頼まれたらちょっとやってみるとか、なるべく通訳に近い環境に自分を置くようにしてはどうでしょうか。チャンスは生まれてくると思います。

編集後記
「もし通訳者になっていなかったら?」の質問に、「多分、踊っていたと思います」とのお答えが返ってきました。小さい頃からクラッシックバレエを習っていらっしゃるそうで、まさにバレエダンサーという雰囲気でした! もうすぐフリーランスになられるそうですが、益々ご活躍されること間違いなしだと思います。
森万純さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください

Vol.9 「フリーになる決心」

【プロフィール】
川田有希さん Yuki Kawata
幼少時代を海外にて過ごす。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、西オーストラリア大学経営学修士課程入学。修士課程修了後帰国、自動車、IT、小売企業の法務部に勤務。同時に通訳学校に学び、平成14年より外資系コンサルティング企業において、自動車関連の通訳翻訳者として勤務、現在に至る。

幼少時代は海外にいらっしゃったと伺いましたが。
生まれが海外なんですが、小さかったので全く覚えていません。小学校3年生からアメリカに3年、その後スイスに2年滞在した後、中学から大学卒業までを日本で過ごしました。
海外生活が長かったので、英語に対する恐怖感はないものの、私の英語は小中学校レベルだなぁという思いがずっとありました。そこで一旦就職した後、2年間オーストラリアに留学したんです。

翻訳者・通訳者を目指そうと思ったのは?
会社では法務部に所属し、契約書の作成や交渉を主に担当しました。英語ができるからと、会議時に通訳を頼まれることがあったんです。どうせやるならちゃんと技術を身につけたいなと思い、通訳学校に通い始めました。学校では基礎から学んだのですが、私の英語力では全く通用しないなぁと痛感しました。とにかく地道に勉強していくしかないんだと気付いたのもこの頃です。

会社を辞める時は悩みましたか?
ものすごく悩みました。生活が不安定になることが一番心配でしたから。これまでずっと企業にいたので、これからどうやって収入を確保していくんだろうと。自分が語学を使って仕事をしていくだけの力が本当にあるのかという不安もあって、なかなか思い切れませんでした。最終的な決め手となったのは、「法務の仕事よりも、通訳の方が楽しい!」という自分の気持ちです。思い切って通訳に絞ってやってみようと思いました。前の仕事に戻ろうと思ったことはないので、後悔はしていません。ただ常に経験・スキル不足だと感じているので、まだまだ「楽しむ」余裕はありませんが(笑)。

現在のお仕事について教えて下さい。
週に3回ほど、現場での通訳を担当します。大きな会議から小さな打ち合わせと、内容も様々です。その他に、同じぐらいの割合で翻訳業務が発生します。土日に翻訳を頼まれることもあるので、スケジュール管理が大変なんですが。

以前も自動車メーカーで働いていらっしゃったそうですが、現在のお仕事と関連性はありますか?
今は自動車の中でも機械的な話が多いので、関連性は皆無に近いです。今の会社で初めて通訳をしたときは、専門的すぎて何のことを言っているのかさっぱり分かりませんでした。大分慣れましたが、技術的な事ですので、聞いたことのない用語は毎回確認しています。

通訳・翻訳両方をやることについて。
通訳資料を翻訳するときは、自分が読みやすい文章を作るよう心がけています。トーンにも気を配り、舌に乗りやすい単語を使って翻訳します。翻訳は細かい文法にまで気を配らないといけませんし、通訳はとっさに単語が出てこないかもしれないという緊張感がありますが、両方好きです。

印象に残ったお仕事は?
海外からスタッフを呼んで、ワークショップが開かれることが度々あります。最初はお互いのことを知らないせいもあり、微妙な距離感があるんです。最後の方に皆さんが仲良く話している様子をみると、あぁ通訳としては少しは役に立てたのかなと嬉しくなります。

今後のキャリアプランは?
今は目の前のことをこなすので精一杯なんですが、ゆくゆくは自分の趣味や好きなことと重なるような仕事をしていければと思います。サッカーやモータースポーツが好きなので、スポーツ関連の通訳など。それから今は通訳・翻訳両方やっていますが、将来的には通訳一本でいきたいです!

編集後記
皆さんフリーとして独立するにあたって、悩んだり不安になったりされるようですが、川田さんのメッセージに励まされる方はたくさんいると思います。通訳が好き! という気持ちがあれば、後は一歩踏み出すのみ! なんですね。
川田有希さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください

Vol.8 「気持ち、伝えたい」

【プロフィール】
池邊路子さん Michiko Ikebe
幼少より7年間を米国で過ごす。上智大学外国学部比較文化学科卒業後、米国系企業のエンターテイメント部に通訳として入社。その後、インハウス、フリーランスベースにて、多数の通訳業務を経験。スポーツ、エンターテイメント、メディア関係を得意とし、クライアントからのリクエストが多い通訳者として知られている。



通訳者を目指すようになったきっかけは?
もともと福祉関係の仕事に就きたかったんですが、当時日本の大学にはあまりそういうコースがありませんでした。たまたま大学時代に頼まれて通訳をしたのが、この世界に足を踏み入れたきっかけです。友人のモデルに付き添っての、撮影現場通訳でした。とにかく初めてのことでしたが、「もっとセクシーに!」、「いいよいいよ!」とカメラマンが言うのを、ひたすら通訳したんです(笑)。友人には、「カメラマンの気持ちが伝わって、すごくよかった」と感謝されて。それからですね、通訳を仕事にしてみようと思ったのは。

では、大学時代から通訳者として働いていらっしゃったのですね。
そうなんです。卒業するのに結局6年もかかりました(笑)。学校での勉強より、通訳の方が楽しかったんです。今やっているような会議通訳ではなく、現場でいろんな人と知り合う機会もあり、本当に毎日が新鮮でした。

大学卒業後、どのように通訳経験を積まれたのですか?
本格的な仕事は、ジャパンタイムズの求人募集がきっかけだったんです。東京音楽祭で通訳を募集していたので、何となく応募しました。業界用語も何も知らないまま、リハーサルや衣装会わせなどの通訳をすることになりました。それから少しずつレコード会社などからお仕事を頂くようになったんです。その後、ある米国関連企業のエンターテイメント部が、舞台や芸能関係に強い通訳を募集していると聞いて、面接を受けたんです。運良く合格して、それからインハウスベースで働くことになりました。

通訳者としての強みは?
英語の微妙なニュアンスや、冗談が分かったりする分、安心されるという点はありますね。「日本人の顔をしているけど、こいつおもしろいな」と(笑)。いま日本で話題になっている芸能人は、アメリカで言うと○○みたいな感じだよというと、「なるほど!」と納得してもらえたり。そういう置き換えが出来るのは、強みかなと思います。もう1つは、発言者の気持ちを伝えられることです。以前、アメリカ在住の日本人弁護士に言われたことがあるんです。「通訳には2タイプあって、1つは一語一句完璧に訳す通訳。そしてもう1つは、人の気持ちを伝える通訳。裁判では、相手の感情を伝えてくれる通訳が必要だ。君はどちらかといえば、後者の通訳だね」と。もちろん正確に訳すようにはしているんですが、その人がどういう気持ちでいるか、どういう立場におかれているかも考えて、通訳するようにしています。

一番印象に残った仕事は?
ゴルフの福嶋晃子プロの通訳です。彼女がアメリカで初優勝したとき、私もその場にいました。まるで自分のことのように、嬉しかったことを覚えています。試合後のプレスインタビューでも、私のほうがぼろぼろ泣いちゃったんです。試合中は、彼女と一緒にアメリカ国内を回っていくんですよ。一打で賞金が何百万と変わってくる世界ですから、ものすごく緊張しましたが、本当に忘れられない経験をさせてもらいました。緊張したと言えば、タイガー・ウッズの記者会見通訳です。すごく茶目っ気がある人なのですが、ウィスパリング中にいきなり"Did you know that you're really good?"と耳元で言われたときは、一瞬頭の中がぱーっと真っ白になりました(笑)。

趣味・ストレス解消方法は何ですか?
ゴルフとジョギングです。最初は歩いていたんですが、最近は週3-4回、週末など時間があるときは、10キロぐらい走っています。
車も大好きです。とにかく運転するのが好きで、いいストレス発散になっているんです。

これからのキャリアプランは?
そろそろ若い人に譲りたいなとも思っているんです。通訳はいくつになってもできる仕事ですが、何か他の仕事をやってみたいなと最近思うんですよ。

編集後記
エンターテイメント通訳の一番の魅力は?と尋ねたら、「人に夢を与えられること」との答えが返ってきました。会議通訳とはまた違うお話を伺うことができ、大変貴重なインタビューでした。「これからやってみたいことは?」の質問には、「一度でいいから、客室常務員になって機内アナウンスをしてみたい」とのことでした!
池邊路子さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください

Vol.7 「自分を知る喜び」

【プロフィール】
白石哲也さん
Tetsuya Shiraishi
上智大学法学部国際関係法学科卒業後、ロータリー・クラブ奨学生としてAustralian National Universityに留学。帰国後、通訳翻訳者として活動を開始。法律・医学関係・財務・通信など分野を問わず、様々な企業で通訳・翻訳業務に携わる。現在は外資系企業に通訳者として勤務。

通訳翻訳者を目指すようになったきっかけは何ですか?
大学時代に通訳の授業を取っていたこともありますが、知り合いから翻訳を頼まれたのが直接のきっかけです。「じゃあやってみるか」という感じで。そのまま通訳・翻訳者として働くようになったのですが、始めた時は無我夢中でしたね。

企業に入って働くということは考えませんでしたか?
通訳と翻訳の両立についても教えて下さい。
大学卒業時に、オーストラリア留学が決まっていたので、就職活動は全くしなかったんです。帰国後もサラリーマンとして働くことは頭にはありませんでした。
通訳翻訳の両立についてですが、最初長期で入った会社では通訳がメインでした。少しずつ翻訳も頼まれるようになったので、ごく自然に両方やるようになりました。両方好きですが、どちらかというと話している方が好きなので、通訳の方が向いているかなと思っています。

現在のお仕事について教えて下さい。
外資系企業のシステム部にいます。毎日9-18時、ちゃんと働いていますよ(笑)。通訳と翻訳の割合は半々なので、バランスもいいですね。国民の休日がない企業なので、GWは毎日出勤していましたが。

未経験分野の依頼が来た場合はどうしていますか?
基本的にスケジュールが空いていれば全て受けています。知らない分野でも、この機会に出来るようになればいいじゃないかと思って引き受けるタイプなんです。結果、ひどい出来で次からはもう頼まないと言われればそれまでですが、幸運にもそういうことはあまりありません。

今のご自分のスキルに対して、どう感じていらっしゃいますか?
まだまだ満足していません。今まで受けてきた仕事の中で、クライアントからNGが出ていなくても、自分の中で満足の行くパフォーマンスができなかったことはありますから。通訳にしても、翻訳にしても、まだこれから良くなる余地はかなりあると思っています。

演劇をされていると伺いましたが、きっかけは何だったんですか?
通訳翻訳の仕事をしていて、自分の中で「何かが足りない。もっと何かやることがあるんじゃないか?」と悩んでいた時期があったんです。そんな時、演劇学校の広告を見て、「あ、これ行ってみよう!」と。なぜ演劇だったのかは分かりませんが、何かで自分を表現したい、という気持ちがあったんでしょうね。僕にとって何かを表現するということは、自分を知る喜びなんです。

今後は?
いつか全てがつながる時がくるんじゃないかと思うんです。語学と演劇と自己表現が。今はそれを信じて前に進んでいます。実はオーストラリアにある演劇学校のオーディションを去年から受けています。2分間のモノローグが課題なんですが、とても難しいです。当たり前の話ですが、そこでは英語が出来るということが武器にはなりません。でも「できるんじゃないか?」っていう根拠のない自信があるんです。自分を信じてやるしかありません。

どうしてオーストラリアだったんですか?
向こうでワークショップがあるという記事を読んで、ピンときたんです。参加してみたら、得るものがとても多くて。いろんな出会いもありました。何だか分かりませんが、今はオーストラリアに引っ張られている気がするんです。

もし通訳翻訳者になってなかったら?
うーん、何でもありのような気がするんですが(笑)。今は何かクリエイティブなことがやりたいので、名坂さんのようにフラメンコにも挑戦してみたいんです。でも、始めるのであれば、趣味ではなく自分が納得出来るまでやりたいので。演劇にも役立つでしょうし。表現をする手段は多ければ多い程いいですからね!

編集後記
一見クールな印象ですが、演劇についてお話になるときの白石さんは、とても情熱的でした。フラメンコの話でも盛り上がりました。オーストラリア経由での俳優デビューが実現するよう、応援しています!
白石哲也さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


Vol.6 「夢と情熱と好奇心のおもむくままに」

【プロフィール】
上原正人さん
Masato Uehara
沖縄出身。沖縄県同時通訳者養成事業の2期生。高校卒業後、カナダに6年半留学。カールトン大学とオタワ大学に学ぶ。帰国後、通訳・翻訳者として沖縄県庁知事公室に採用される。その後、様々な企業で社内通訳者として経験を積む。現在はスポーツメーカーに勤務。

通訳を目指すようになったきっかけは何ですか?
留学先のカナダ・オタワ市で、日本人通訳者のパフォーマンスを目の当たりにしたことです。当時は政治や社会に対する知識が足りず、カナダ連邦議会の論戦の内容は深く理解できないものの、常時テレビ中継されるその同時通訳の素晴らしさにインスピレーションをビリビリ感じました。
 留学中、日本語クラスのアシスタントを担当しました。学生から様々な質問を受け、自分なりに納得のいく説明をすることに情熱を覚えたんです。その事からも、もしかしたら自分は通訳に向いているかもしれないと何度か思いましたね。

通訳になるにあたって、どのような勉強をされましたか?
スクーリング歴は長いですよ(笑)。留学中は、初歩段階での通訳訓練法を教えてもらい、シャドーイングやリプロダクション、サイトラ、スラッシュリーディングなどを自分なりにやっていました。でも所詮は独学の世界。帰国後、本格的な訓練を受けようと思い、通訳学校の門を叩くことにしたんです。
 いわゆるハウツー本で指南されている勉強方法は一通りやりましたが、帰国後すぐに通訳翻訳の仕事を始めたので、分厚い資料の翻訳と通訳の仕事に明け暮れては、週二回通訳学校の授業に出るという感じでした。今振り返ると、毎日が勉強だったのかもしれません。当初は新聞を四紙購読していたんですよ。目を通しきってないものを持ち歩いては、出先で新聞ばっかり読んでました。6年半カナダにいたので、その間抜けてしまった日本事情を勉強しないと、と不安にかられながら字面を追いかけていたことを覚えています。

沖縄では、県知事公室でご勤務されていたと伺いましたが。
帰国後は東京の通訳学校に通うつもりでいましたが、太田知事の在任中に運良く採用されて、働くことになりました。最初は主に、平和記念資料館建設に向けて準備していた資料の翻訳を担当しました。米国公文書館から取り寄せた沖縄戦に関する特大ファイルを、個室にこもってほそぼそと翻訳したんです。それもファーストフード店で働くよりも安い時給で!(笑)海外からジャーナリストや研究者が来た時は、取材通訳もしました。その後、国際交流課(現・文化国際局)に新規採用されてお給料がアップ、通訳の比重も多くなりました。在日各国大使館・領事館からの公式訪問の際にお供したり、沖縄で開催された国際会議の場には要人付という役を与えられたりと、普通では出来ない経験をさせてもらいました。今思うと本当に怖いもの知らずで、来るもの拒まずの姿勢で何でも引き受けていましたね。

知事公室でのお仕事で、何か印象に残ったことはありますか?
シンガポールベースのクルーズ船会社の社長が、沖縄県内の財界人・起業家・学生を集めて行ったビジネスセミナーでの通訳です。知事が急に参加出来なくなり、社長がスピーチの途中で原稿の残り30頁分を私に渡し、「後は通訳の訳とさせていただきます」とステージを降りてしまったんです。私は真っ暗なステージの上でスポットライトを浴びながら、最後までサイトラをしました。途中で、少し詰まってしまい、自分のつばを飲む音がスピーカーから聞こえてきて、最後のページをめくるまで、とても時間が長く感じられたのを覚えています。このセミナーは、スーパースターカプリコーンという豪華客船の中で行われたのですが、そのせいか今でも「カプリコーン」という名前には敏感です(笑)。

現在のお仕事内容について教えて下さい。
カスタマーサービスセンターと、物流センターが統合されたスポーツメーカーのオフィスで働いています。成田空港の近くということで、平日はホテルに滞在、週末は東京のアパートに帰っています。緑も多く、人混みを離れて仕事に集中でき、週末も計画的に時間を使っているのでバランスがとてもいいです。オフィスの方々や通訳者さんもとても協力的で、明るく楽しい毎日を過ごしています。

毎日お忙しいと思いますが、休日はどのようにお過ごしですか?
土曜日は昼頃までグースカ寝た後、ジムで体を目一杯動かしています。その後は、映画を観にいったり、友達とお店を覗いたり、カフェで新聞や雑誌、資料を読んだりしています。これがいつものパターンですね。

もし、通訳者になっていなければ何をしていたと思いますか?
むずかしい質問ですが、最近は教えることが楽しいと思えるようになってきました。特にキャンパスの雰囲気が好きで、日本語や日本文化・社会を熱心に学ぶ生徒達の学習に一役買えたらと思うことがあります。好奇心の赴くままにいろいろ試してきたら今にたどり着きました。今後何か新しい興ことを見つけたら、通訳業から離れるかもしれません(笑)

編集後記
ジムではエアロビクスにはまってます!と上原さん。上原さん=エアロビクスと、なかなか想像できないのですが、かなりハードなスポーツのようです。私も今度挑戦してみたいものです。
上原正人さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top